シミには種類がある!シミができる原因&種類4つとその予防方法

夏になるとシミ対策のために日焼け止めを塗ってみたり、日傘をさしてみたりしますよね。女性の方はシミができないようにといろんな努力をしているのではないでしょうか?
今回は、女性が嫌うシミの種類やその原因、シミの予防方法を紹介しています。
種類や原因を知り、シミを防いでいきましょう!

シミの種類と原因4つ

 

皆さんはシミに種類が何種類もあるのは知っていましたか?
また、その種類それぞれシミができる原因は違ってくるのです。
どのような種類があり、どのようなことが原因でシミになってしまうのか一緒に見ていきましょう。

1)日光黒子

まず一つ目は、日光黒子(にっこうこくし)について紹介します。名前の通り日光、紫外線が皮膚に当たることが原因でなるシミのことです。日光黒子は、はじめは薄茶色ですが時間が経つにつれて濃くなっていくのが特徴になります。

日光黒子ができやすいのは紫外線がよく当たる場所なので、顔以外にも手や背中にも出来ます。また、日光黒子は老人性色素沈着とも言われ40代などから出来るシミになります。早い人ですと30代から日光黒子が出来ているなんて人もいます。
すでにシミにお悩みの方にはこちらがオススメです


2)そばかす(雀卵斑)

二つ目のシミの種類は、皆さんが聞いたことあるであろう、そばかす(雀卵斑/じゃくらんはん)についてです。そばかすはどのような原因でできるか知っていますか?そばかすですと、小さい頃から顔にできている子がいますよね。原因は、遺伝子と言われています。幼児期など小さい頃に薄いそばかすができ、思春期になり濃くなります。大人になると濃くなったそばかすは、また薄くなっていくという特徴があります。

そばかすは遺伝が原因と言いましたが、紫外線をプラスで当たると濃くなってしまうのです。他にも、そばかすを濃くしてしまう原因があります。ストレスによるホルモンの乱れや睡眠不足もそばかすを濃くさせると言われているのです。

3)肝斑

三つ目のシミの種類は、肝斑(かんぱん)についてを紹介します。肝斑は、紫外線や遺伝子は関係なくホルモンバランスが原因とされています。妊娠や経口避妊薬(ピル)などが関係していることで女性ホルモンが原因となっています。他にも、ストレスによるホルモンバランスの崩れも原因になるのです。

肝斑のシミは、頬に左右対称でできシミの周りは薄く、くっきりとしたシミではないのが特徴です。ホルモンバランスが原因なので不安定になりがちの30代〜50代の女性の頬にできやすいです。また、紫外線もあたり続けることで肝斑のシミは濃くなってしまうのです。

4)炎症後色素沈着

最後のシミの種類は、炎症後色素沈着についてです。名前の通り、ニキビや肌荒れ、虫刺され、湿疹など様々な肌の炎症後に色素沈着が起こりシミになってしまう種類のシミです。

炎症後色素沈着は、時間とともに薄くなったり、消えたりします。個人差により消えるまで数年かかる人など薄くなるだけなど様々です。また、炎症後色素沈着も上のシミの種類と同様に、紫外線が当たってしまうとシミは濃くなってしまったり、消えにくくなってしまうことものです。

シミの予防方法4つ

シミにはどのような種類のものがあり、どのようなことが原因でシミになってしまうのかを紹介しました。次は、女性の大敵シミの予防方法たちを4つ紹介します。毎日意識することで、年を重ねても綺麗な肌を保てることが可能になるので、今から紹介する予防方法をぜひ参考にしてください。

1)紫外線をカットする

一つめのシミ予防方法は紫外線をカットするについてです。 シミには、4つの種類と原因がありましたよね。紫外線が直接原因となる日光黒子、他の3つのシミの種類も紫外線を当たってしまうとシミが濃くなってしまうとお伝えしましたね。シミにとって紫外線は大敵になるのです。

では、どのように紫外線から肌を守ればいいのしょう……。紫外線をカットする方法は、皆さんの知っている日焼け止めを塗る・日焼け対策の二つがあるので分けて紹介します。

1|日焼け止めを塗る

まず一つ目の紫外線をカットするための方法は、日焼け止めを塗るについてです。みなさん、日焼け止めはいつ塗っていますか?日差しの強い夏だけ塗っているなんて方もおおいのでは?

紫外線は夏だけでなく、寒い冬や曇りの日、室内でも紫外線を一年中浴びているのです。最近では、日焼け止めの種類も増えています。季節により日焼け止めを使い分けるようにし、一年中日焼け止めを活用しましょう!

Advice
日焼け止めを出ていく前などに塗り、例えその日焼け止めのSPF数が高くても2~3時間ごとに塗りなおすようにしましょう!

汗をかいたり、触ったりすると日焼け止めは取れてしまつので、こまめに塗り直してあげてくださいね。化粧をしていれば、SPF入りのフォンデーションやおしろいを塗るのもいいでしょう。

2|日焼け対策

二つ目の紫外線をカットする方法は、日焼け対策についてです。日焼け止めを塗るプラス日焼け対策、帽子・アームカバー・日傘・サングラスなどを身につけ、紫外線カットを高めていきます。

2)スキンケア

二つ目のシミ予防方法は、スキンケアについてです。シミのない肌やシミになりにくい肌にするためには、肌の状態を健康な状態にキープしなければなりません。では、どのようなスキンケアをしなければならないのか二つに分けて紹介をします!
こちらの商品もオススメです。こちらの商品の記事はこちら


1|保湿をする

まず一つ目のシミの予防に必要なスキンケアは、保湿をするについてです。肌を保湿してあげることで、肌のバリア機能やターンオーバーを正常に働かしてくれます。

バリア機能は、通常乾燥や外からの刺激から守ってくれる働きをしてくれます。このバリア機能がなければ、紫外線を直接肌受け、シミの原因メラニン色素を過剰に分泌しシミへと繋がってしまうのです。
ターンオーバーは、新陳代謝ともいい肌を生まれ変えてくれる働きになります。ターンオーバーがきちんと働いていれば、皮膚内でメラニン色素が分泌されても自然にメラニン色素を肌の外に排出してます。

このように、保湿をし肌のバリア機能やターンオーバー正常に保つことでシミ予防へと繋がるのです。

2|美白化粧品を使う

次のスキンケアでシミ予防をする方法は、美白化粧品を使用するについてです。化粧水や美容液などを見ていると『美白』なんて言葉が書かれていたりしますよね。そういった美白化粧品は、シミを薄くしたりシミになる原因メラニン色素を抑えてくれる働きが期待できるのです。

シミの原因メラニン色素を抑えてくれる成分としては、ビタミンC誘導体・アルプチン・ハイドロキノン・プラセンタエキス・トラネキサム酸になります。シミ予防として、これらの成分を含む美白化粧品をスキンケアに加えるといいでしょう。
オススメはこちら


3)生活習慣を整える

三つ目のシミ予防方法は、生活習慣を整えるです。睡眠を十分とり、適度の運動をしの二つを意識するのです。一つずつ詳しく紹介します。

1|睡眠

生活習慣の一つ睡眠が十分にできていなければ、ストレスがなかなか解消されなかったたり、ターンオーバーがうまくおこなわれなかったりしま。ターンオーバーは、寝ているときに活発に働いてくれるのです。睡眠をきちんととりターンオーバーを正常に働かせていきましょう。

2|運動

適度な運動を行うことで、仕事や学校などのストレスが解消されますよね。ストレスが解消されず溜まってしまうと、体内に活性酸素が大量に発生します。活性酸素は、メラニン色素を過剰に分泌する作用があります。過剰に分泌されたメラニン色素が分泌されるとシミへと繋がってしまうのです。ですので、適度な運動を心がけストレスを溜めない体づくりをするとシミ予防になりますよ。

4)必要な栄養を摂る

最後のシミ予防の方法は、必要な栄養を摂るについてです。様々な食材には、たくさんの栄養が含まれていますよね。栄養の中には、シミに予防に繋がる成分があるのです。シミ予防のために摂っていきたい成分を紹介していきます。

1|ビタミンC

ビタミンCを多く含む食材
レモン・キウイ・オレンジ・いちご・パプリカ・ブロッコリーなど

シミ予防のために摂っていきたい成分一つ目は、ビタミンCです。ビタミンCは、美容に効果のある成分として有名ですよね。シミ予防にも効果的なのです。ビタミンCは、シミの原因メラニン色素の分泌を抑えてくれる働きを持っています。ビタミンCを摂取する際は、火を通さずに生で食べるのがオススメです。

2|ビタミンE

ビタミンEを多く含む食材
かぼちゃ・アボカド・アーモンド・いわし・うなぎなど

次の成分は、アンチエイジングのビタミンと言われるビタミンEです。ビタミンEはターンオーバーを整えてくれる作用があります。ターンオーバーが整うことで、メラニン色素を自然に外へと排出してくれシミ予防となるのです。

3|セラミド

セラミドを多く含む食材
ごぼう・牛乳・コンニャク・わかめ・ひじきなど

次のシミ予防のために摂りたい成分は、セラミドです。セラミドは、メラニン色素の分泌を抑えてくれ、保湿効果も期待できます。セラミドを多く含む食材を見てわかるように、女性には嬉しいカロリーが低いものが多いんです!

4|βカロチン

βカロチンを多く含む食材
にんじん・かぼちゃ・パセリ・ほうれん草・ニラなど

次の成分は、βカロチンについてです。βカロチンは、メラニン色素の沈着を抑えてくれるのです。またβカロチンは、ビタミンAの作用もあります。ビタミンAは、ターンオーバーを促してくれるので、シミの原因メラニン色素を自然に排出しシミ予防になります。

5|L-システイン

L-システインを多く含む食材
豆腐・納豆・牛乳・チーズ・牛肉・豚肉・鶏肉・小麦など

次のシミ予防のために摂りたい成分は、L-システインです。L-システインの成分についてあまり聞きませんが、シミ予防のために摂りたい成分の一つになります。L-システインは、メラニン色素の分泌を過剰にさせてしまう活性酸素を抑える働きがあります。また、ターンオーバーを正常に整えてくれる作用もあるのです。

シミ予防をし美肌をキープしよう!

いかがでしたか?今回は、女性の肌のトラブル『シミ』についての種類や原因、予防方法を紹介してきました。シミには原因により4種類の違ったシミがあります。どの種類も紫外線を大敵としており、紫外線が当たることでシミが濃くなってしまうのです。
ですが、今回紹介した予防方法を意識し、シミができる前に対策をし健康的で綺麗な肌をキープしていきましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして 30代関西在住1児の母です。 家事に仕事に育児奮闘中^^ 最近は美容での興味を持ち時短だったり肌トラブルに有効な情報を発信します。 4月にスキンケアの資格も習得しましたので知識は増えました。よろしくお願いします